種まく旅人

夢のつぎ木

桃を育てることは、家族への愛
家族の愛が、桃を育てる力をくれた
種まく旅人が、岡山県赤磐市で一粒一粒新たな種を撒く・・・

岡山県赤磐市役所に勤める片岡彩音(27歳)は、9年前の春、女優になる夢を胸に、故郷の岡山・赤磐から東京へ向かった。
彩音の実家は赤磐で桃農家を営んでおり、両親が亡くなってからは、赤磐市に残った兄・悠斗が一人で桃の栽培をおこなっていた。

そんな矢先、兄・悠斗が病に倒れてしまう。ひと夏だけの約束で桃の栽培を手伝う為、帰郷した彩音。
しかし、兄はかえらぬ人となってしまう。

兄が最期まで抱いていた夢は、接木に成功した、桃の新種『赤磐の夢』を新種登録することだった。
悩んだ挙句、彩音は、女優の夢を諦め、赤磐に戻り市役所で働きながら、兄の夢実現を目指し『赤磐の夢』の栽培を始める。

そんなある日、農林水産省の職員・木村治が、桃の栽培についてのレポートを書くため東京から赤磐にやって来た。
治の案内を任された彩音だったが、自分の夢を諦め兄の夢実現の為、必死になる彩音と、都会からやって来たエリート官僚の治は、なかなか心通わすことができない。

しかし、治にも誰にも話していない農政への夢があった。治の兄は大分県臼杵市で妻とともにお茶農家を営んでおり、その影響を受け、霞ヶ関から日本の農政を変えてやろう!
農家が流した汗に見あうだけの、幸せな農業ができる日本に変えたい!と農林水産省に就職したのだった。

赤磐の心豊かな仲間に支えられ、彩音は、なんとか『赤磐の夢』新種登録のエントリーまでこぎつけることができたのだが・・・
思うように結果を出せず挫折を味わう。

風光明媚な赤磐の土地、まるで蛍の群れのように夜の桃畑に広がる防蛾灯の赤磐ならではの美しい景色、そして赤磐の仲間が、二人の夢を支え、二人の心を育てていく。
そして、気がつけば、また一人仲間が増えている!それが赤磐という土地。

彩音と治、挑戦する舞台は違えど、目指すものに違いはなかった・・・。

夢は掴むより、精一杯腕を伸ばすことが大事なんだって・・・
伸ばしたその腕を、支えてくれる人がいれば、それは結果よりずっと大事だってこと・・・